産業保健師

産業保健師の求人の探し方 無料のサービスを使って賢い転職を!

産業保健師の役割とは?


産業保健師の役割について。 産業保健師というのはある企業に常勤していて、主に従業員に対する身体的な治療や心のケアを行う人のことをいいます。 仕事の能率を上げるということで企業側からも大きく期待を寄せられていますし、従業員の側からもいざというときに支えになってもらえるということで頼りにされています。 従業員が健康の相談を出来る相手ということで産業看護師はある意味では福利厚生の一環であるということも言えます。 最近は定年が60歳ではなく65歳というのが当たり前になって来ました。 そんな従業員の年齢が恒例化していく時代にあってもちろん若いうちからそうですが従業員の身体的、精神的なケアをしていくというのはこれからの時代にとってはとても大切になります。 産業保健師とはそんな重要な役割を持っている人たちなのです。

 

タグ :    

産業保健師 役割